かなり個性が強いLG21という乳酸菌とその理由

人々の健康に対して良い影響が見込める乳酸菌には様々な種類がありますが、その1つにLG21があります。LG21は、数多くの乳酸菌の中でもかなり特殊だと思いますね。なぜ特殊かと言うと、他の乳酸菌と違って胃に対して働きかけるからです。

胃ではなく腸に対する良い影響が見込める乳酸菌

そもそも乳酸菌と言うと、腸内環境に関連付けられている事が多いですね。多くの方々が乳酸菌を摂取している理由は、お通じです。最近お通じが少々悪くなってきたので、乳酸菌の摂取を始めたという人々はとても多いですね。

お通じが良くなる理由は、少なくとも胃ではなく腸です。お腹の中の環境が整えられれば、お通じも良くなるのですね。乳酸菌はその腸に対して働きかけるので、お通じが良くなる事が非常に多い訳です。

現に最近のヨーグルトの製品のパッケージでも、腸まで届きやすいという点がアピールされている事が多いですね。

腸ではなく胃の中で活躍してくれるLG21

143281ところがLG21は、話は別です。その乳酸菌の場合は、胃の中に生息している発癌性のある菌類に対して効果が見込めると言われています。確かピロリ菌ですね。

しかもLG21の場合は、胃酸に対する耐性が極めて高いですね。他の乳酸菌の場合は胃酸で死滅させられてしまう事も多いのですが、LG21は他の菌よりも耐性がある訳です。

他の乳酸菌の場合は、胃で活躍するタイプはほとんど見られません。現にそれはネットの検索結果を見てみても、明らかですね。胃の中で活躍する乳酸菌となると、まず間違いなくLG21が検索結果として表示されるでしょう。

このように「腸と言うよりもむしろ胃で頑張っている」のは、LG21という乳酸菌の特徴の1つだと思います。かなり個性が強い乳酸菌と言えるでしょう。

かなり個性が強いLG21という乳酸菌とその理由 はコメントを受け付けていません。

ストレスによる腸内環境へのネガティブな影響

健康の為にはストレスが大切とよく強調されます。実際その通りですね。それが積み重なってしまっていると、やはり体はネガティブな状況に陥ってしまいます。
では具体的にはどのような状況かと言うと、例えば腸内環境の悪化ですね。

ストレスによって腸内環境が悪くなる流れ

そもそも人間の体を健やかに保てるか否かは、バランスによって決まることが多いです。何らかのバランスが狂ってしまっていると、それで体の調子が悪くなってしまう事がしばしばあるのですね。

例えば自律神経のバランスです。そのバランスが崩れてしまう理由には色々ありますが、それが前述のストレスなのです。

神経のバランスが崩れてしまえば、ちょっと腸内環境が悪くなってしまいます。正常な腸内環境の為には、大腸や小腸が運動をする必要があります。

ところがバランスが崩れてしまっている事で、その運動が悪くなってしまう事があるのです。それでお通じが悪くなってしまうという、負のスパイラルが発生してしまうのですね。お通じが悪くなれば、さらなる腸内環境の悪化も招きます。

極力リラックスをして腸内環境の改善をする

ではどうすればストレスが少なくなるかと言うと、やはりリラックス状態が大切だと思います。なぜならリラックスをしている状況では、副交感神経が働いてくれるのだそうです。

それで腸内環境の改善が見込めるので、できるだけリラックスをしている状況を作り出すのが大切です。

現代人は、色々とストレスを抱えることも多いですね。特にパソコンを使っているお仕事の方々などは、ストレスを覚える事も多いと言われています。

ですので普段からパソコンを使ってお仕事をしているのであれば、ちょっとリラックスできる時間を増やすのは大事でしょう。

ストレスによる腸内環境へのネガティブな影響 はコメントを受け付けていません。